SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

旅好き大学生のSAKUYAが、ありのままの日々(日常、野球、旅行記)を主に綴ります。

小樽が悲鳴を上げているニュース

こんばんは!SAKUYAです!

 

先日は、愛知県で感染者が初めて3桁に乗ったということで話題になりました。

 

そして依然として東京都では感染者数が減少傾向にはありません。

 

 

ツイッターで話題になっていた「小樽がコロナのせいでもう限界」という話題に少し触れてみたいと思います!

 

 

初めて見たときは少し笑ってしまった

 

というのが正直な感想です笑

 

でも、確かにこれはやばいのだろうとすぐに思い直してポスターを読んでみると、

 

さかいまち盛り下がってるぜーっ!!

 

マジでタイヘンジャー(戦隊ヒーローぽい写真とともに)

 

元気です! 空元気です! お客様来ないから もう笑うしかありません!

ワッハッハ!

お願いします 助けてください

 

という全体的なポスターが。

 

 

これは惹きつけられるなああ・・行きたいなあ。

と思いました。

 

小樽という街は私自身2度行ったことがあるのですが(夏1回・冬1回)、とにかくインバウンドが多い印象です。

 

中国人観光客が大型バスで来て観光していたり、電車で来ている家族連れの外国人がいたり、様々です。

 

冬は小樽運河の雪景色が絶景で、確かにこれは外国人も来るよなというようなスポットだと思います。

 

今の季節、夏は(梅雨明けしていないがもう夏ということで良いだろうか?)雪がなく、北海道でもこの時期は暑すぎず過ごしやすい天候なはずです。

 

おいしいお店が並んだ商店街やお土産街は、例年かなりの賑わいを見せているはずです。

 

ですが、この状況にありますので、なかなか観光客特にインバウンドがいないので、小樽全体として悲鳴を上げるのはなんとなくですが理解できます。

 

ぜひ!

コロナが収束したら小樽に久々行きたいものです!

 

それでは!

 

f:id:SAKU_YA:20200523223053j:plain

冬の小樽運河