SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

大学生のSAKUYAが、ありのままに日常を綴ります。旅行とプロ野球が趣味です。

大学生の視点で、Go To Travel キャンペーンについて考えてみる

こんばんは!SAKUYAです。

 

最近曇天が続いていて、あまり元気がなくなっております。。

 

よく記事の中でコロナの感染者数について書いていますが、今日もその話題に簡単ではありますが触れてみたいと思います。

 

そして、題名にもあるように、旅行の話にも触れてみたいと思います。

 

 

東京都では感染者数が再び拡大

 

東京の感染者数は連日200人を超えているという報道を目にします。

 

4月中の200人と、7月に入っての200人は、検査を受けた人に対しての感染者数という観点からすると減少傾向にあるのだろうと分析することができます。

 

また、夜の街で働いている人に一斉に検査をかけ、その結果が出たタイミングで感染者数が増えたので、そこだけだろう、という見方もありました。

 

いずれにせよ、感染者数が減少しているというニュースは一切ないのです。

 

ちらっと友達に聞いたのですが、後期(9月から)の大学の授業が早々とオンラインでの開講が決定しましたという知らせが来たという大学もあるみたいです。

 

東京都の話に戻しますが、なかなか減少してくれないのが現状ではないでしょうか。

 

そんな中、Go To Travel キャンペーン

f:id:SAKU_YA:20200625232146j:plain

 

 

コロナの感染が分かってから今にかけて、様々な業界にダメージを与えました。

 

そこで、打ち出した案、

 

Go To Travel キャンペーン

 

というものが話題となりました。

 

観光客に対して割引の制度を作り観光を誘致し、その割り引いた分は政府が補助するというもの(ニュアンスはあっていますよね?)です。

 

こんなにも感染が再拡大しているのにも関わらず、このキャンペーンは前倒しで行うことが決まりました。

 

これについても様々な意見がありましたが、なかなか難しいところなのではないでしょうか。

 

観光業界は確かにダメージを受けている。

早く、お客さんを取り戻したい。

でも、うちの店からはコロナの感染者は出したくない。

あまり密になるシチュエーションは避けなくてはならない。

大人数受け入れることができない。

割引キャンペーンで、多くの人が来ようとしている、予約している。

どうすればよいんだ!

 

ダメージを受けてしまった旅館やホテル、観光客がメインの飲食店などはこんな葛藤が起きてしまうのではないでしょうか。

 

私の見解

 

私の意見としては、このキャンペーンを行うのは非常に良いと思います。

 

私自身もこれを使って旅行をしたいなと思っているので。

 

まだ、詳細が明かされていないのですが、でもやっぱり補助はありがたい!

 

しかしながら、東京の感染者数、1日1日と日を追ってみてみると、やはり増加していますよね。

 

感染者数の数値だけ報道するのではなく、パーセンテージで出し、前日比を述べたうえで、今日はこんな状況です。という報道をまずはしてほしいです。

 

今の報道の仕方ではただただ人数が増加しているという、漠然とした数値しか伝わってきません。

 

キャンペーンを行うことで感染拡大が広まっても困ります。

 

なので、報道の方法をしっかりと考えて、それぞれの見解を述べてほしいなと感じています。

 

早く旅行に行きたいので、情報は大事です!

 

それまでは、カメラの写真を見て、耐えましょう!笑

 

f:id:SAKU_YA:20200622144808j:plain

早く旅行に行きたい、、、

 

 

ここまで、長々とお付き合いいただきありがとうございました!

 

今回はこんなところで、では!