SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

大学生のSAKUYAが、ありのままに、毎日、日常を綴ります。旅行とプロ野球観戦が趣味です。

【新幹線の秘境】奥津軽いまべつ駅・来訪記

こんばんは!

 

北海道新幹線の秘境駅、奥津軽いまべつ駅に行った話です。

 

新幹線は、日本中に張り巡らされています(四国はない、言い過ぎ・・?)が、

ここは本当に乗車人数と降車人数が少ない!!

 

奥津軽いまべつ駅は、津軽線の津軽二股駅からちょっと歩いたところに位置しています。

 

駅舎はご覧の通り、とても立派で人が毎日多くいそうですが・・・

f:id:SAKU_YA:20210307172305p:plain

駅舎、とてもきれいで立派

 

実際はというと

新幹線の停車本数が

上り7本(東京行きのはやぶさが5本、盛岡行きと新青森行きのはやてが各1本ずつ)

下り7本(新函館北斗行きのはやぶさ5本とはやて2本)

 

なんと、1日で列車が14本しか来ない駅!なのです。

 

まさに、秘境駅。。

 

昼間の改札の様子ですが、

ご覧の通り、閑散としています。

f:id:SAKU_YA:20210307172340p:plain

改札の様子

 

 

なかなか閑散としている新幹線駅はなかなかないのでは?と。

 

駅をでると、そこには大きな駐車場があります。

 

地方特有のパークアンドライドで列車に乗る人もいるのでしょうか?

 

この駅のアクセスとして、

津軽鉄道の津軽中里駅からバスというのがあります。

 

乗ったことは残念ながらないのですが、

需要はどれくらいあるのでしょうか??

 

 

この駅に行くのにとっても時刻表とにらめっこした記憶があります。

 

新幹線で来訪し、そこから先は、津軽二股駅に歩き、

津軽線にて三厩(みんまや)、折り返して青森駅へと向かいました。

 

津軽二股駅までは徒歩で数分の位置にあるので、便利です!

ただ、こちらも同様に列車の本数はとっても少ないので行く方は注意です!!

f:id:SAKU_YA:20210307172425p:plain

津軽二股駅の看板 上の駅舎は新幹線

 

今回は簡単に、駅の紹介でした!

 

ではまた明日。