SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

大学生のSAKUYAが、ありのままに日常を綴ります。旅行とプロ野球が趣味です。

【札幌→旭川 特急ライラック号乗車記】・日本縦断第12話

こんばんは!

 

今日は久しぶりの日本縦断シリーズ。札幌編。

 

このシリーズは力を入れて書いている(つもりな)ので、ぜひほかの記事もご覧ください!!!!!

 

概要 なんの話かを知りたい方はこちら

 

www.sakuyanomamani.com

 

一番読んでいただいてるのはこちら

 

 

www.sakuyanomamani.com

 

札幌を出ていざ旭川へ

 

札幌と旭川を約1時間半で結ぶ特急ライラック号。

 

ライラック号の乗車記については以前軽く触れていますので合わせてごらんください!

 

ライラック号乗車記はこちら 

 

 

www.sakuyanomamani.com

 

 

 

ビジネスユーザーが多い

 

夕方のライラックはやはり、混んでいますね。

f:id:SAKU_YA:20201017134554j:plain

ライラック旭山動物園号 旭川駅にて



 

6両編成で、自由席は後よりの3両。

 

旭川で稚内方面の特急サロベツ、網走方面の特急大雪と接続するライラック号に限って、自由席は2両になり、指定席が3両になります。

 

ライラックは道東や道北特急との接続も兼ねていますね。

 

とはいえ、旭川までの所要時間は約1時間半。

 

旭川駅には、有名な動物園がありますね?笑

 

シロクマのいるところ。そう旭山動物園です。

高校の修学旅行で行ったなと思い出しながら、列車は旭川へと進んでゆきます。

f:id:SAKU_YA:20201017134622j:plain

この並びは貴重!!



 

途中乗降が多いのも特徴のひとつ

 

途中の停車駅は、

岩見沢、美唄、砂川、滝川、深川、終点旭川

 

札幌から乗車すると、旭川まで乗車する人が割と多いイメージかと思いますが、

案外降りる人も多いんですよね。

 

それはなぜか。

 

普通列車の本数があまり多くはないという点と、特急に安く乗れる切符を発売しているという点、30分に1本の割合で走っているので便利という点、などが挙げられます。

 

あっという間についてしまうので、

関東圏で言うと、湘南ライナーや青梅ライナー、スワローあかぎなどをイメージすればよいでしょうか??

(短距離での利用者はビジネス利用が多く、こういうライナーを勝手にイメージしてしまいます)

 

 

あっという間に旭川

 

なんだかんだで、北海道の中心旭川についてしまいます。

 

北海道内の特急と比較すると走行距離もそんなに長くない(約130キロ)ので、あっという間のイメージなのでしょうか。

 

旭川の駅はとっても広大で、心地の良い空間が広がっています。

 

家具のまち旭川、というのはあまり有名ではないかもしれませんが、

家具もたくさん飾ってあります。

f:id:SAKU_YA:20201017134643j:plain

家具が置いてある旭川駅構内 魅力的



 

飾るというか利用できるという点が、魅力的ですね!

 

そして、この日の宿は旭川に。

 

次の日は朝1の宗谷線で、音威子府を目指します。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

では!