SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

大学生のSAKUYAが、ありのままに、毎日、日常を綴ります。旅行とプロ野球観戦が趣味です。

男鹿線・引退のキハ40乗車記 【ダイヤ改正】 

こんばんは!

 

タイトルの通り、今春のダイヤ改正によって、

五能線と男鹿線からキハ40・47が引退します。

 

新たに、GV-400系、EV-E801系に置き換えられます。

 

古い列車を見ることができるのは、3月12日までとなります。

最後に行くことができず残念ですが、乗ったときのことを少し振り返ってみようと思います。

f:id:SAKU_YA:20210301184715p:plain

男鹿線 キハ40のサボ

男鹿線 利用は学生が多い

 

男鹿なまはげラインの愛称で親しまれている男鹿線。

 

全線(追分から男鹿)非電化で、主にキハ40が走っています。

 

現在も一部列車で運行がされていますが、EV-E801系・通称ACCUMですが、

電化区間で蓄電し、非電化区間ではその貯めた電池で走行する形態となっています。

 

追分から秋田までの奥羽本線の区間は電化されていますが、

ディーゼル列車(キハ40)で運転されています。

 

キハ40に乗車

 

今回乗車するのは、秋田から男鹿駅までを走るこの列車、キハ40の2両編成でした。

(※乗車は2019年9月)

 

朝は、5両繋ぐ列車があるほど、男鹿線には需要が多くあります。

そして、学生も多く利用があるイメージが強いです。

 

列車は、秋田を出発すると、追分まで電化区間を走行し、

そこからは非電化区間の単線区間を走行します。

 

列車は秋田を出てから約1時間で終点の男鹿に到着します。

f:id:SAKU_YA:20210301185146p:plain

男鹿駅に停車中のキハ40

 

時間の都合上、男鹿駅に滞在して1時間で折り返し秋田駅まで戻ってきたのですが、

昼の秋田行きは大混雑!

 

車内のボックスがほぼ全部埋まるほどでした。

 

もう乗れないとなると悲しい気持ちはありますが、

新たな男鹿線にまた乗りに行きたいと思います!!

 

ではまた明日!