SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

大学生のSAKUYAが、ありのままに、毎日、日常を綴ります。旅行とプロ野球観戦が趣味です。

【音威子府→稚内 特急宗谷で北上】・日本縦断最終話

日本縦断旅行、特急宗谷号の乗車記になります。

 

枕崎から稚内まで行くこの企画も今回が最後です。

 

(番外編として、稚内からの帰りの話も出す予定です。)

 

それでは始めます!

 

ちなみに、前回記事はこちら。

 

www.sakuyanomamani.com

 

f:id:SAKU_YA:20201229113137j:plain

音威子府駅駅舎

 

 

音威子府から特急宗谷に

 

札幌を朝の7時に出発した特急宗谷号は、旭川や名寄を通り、

音威子府には10時40分頃に到着します。

 

その列車に乗って、一路最北端の地、稚内へ。

 

 

と、その前に・・・

 

音威子府は昔、宗谷本線と天北線が分かれていた鉄道拠点のまちでした。

 

今は、稚内へと向かうルートは宗谷本線一択(天塩中川・豊富・幌延周り→天塩川に沿って北上)なのですが、

 

昔は、オホーツク海の方に出て、小頓別や浜頓別を経由して稚内に行く二つのルートがありました。(こちらが一番最初の宗谷本線、宗谷本線は新線になった。)

 

その名残が、少し駅から離れたところのこ線橋からみると良くわかります。

f:id:SAKU_YA:20201229113218j:plain

分かれている様子

 

この時代に行ってみたかったな、と思いをはせながら。

 

その資料が音威子府の駅に併設された資料室に残っています。

 

興味深いものになっていました。

 

 

さて、今度こそ列車に乗車

f:id:SAKU_YA:20201229113258j:plain

お世話になったキハ261・稚内にて

やってきたのは、4両編成のキハ261系。

 

冬は車両故障でよく動けなくなることがありますが、この日は動いてくれました(良かった・・・代走でも面白かったかも?マニアには嬉しい)

 

自由席の乗車率は3割から4割程度。

 

乗車率は高いとは言えませんが、日本最北端の特急列車の誇りをもって4両の列車は力強く走ってくれます。

 

列車は抜海駅付近に差し掛かると、進行方向左側に(晴れていると)綺麗な利尻富士を眺めることができます!

 

利尻富士を見ていると列車は市街地に差し掛かり、終点の一つ手前、南稚内に到着します。

 

南稚内を出るとすぐに稚内、終点に到着。

 

日本最北端と書かれた看板を見ると、ここまで頑張ってきてよかったなと思うものです。

f:id:SAKU_YA:20201229113339j:plain

ホームに書かれたこの看板、良き

 

まだ時間は13時でしたが、もうホテルにチェックインし、のんびり過ごしました。

 

次の日のサロベツ4号で引き返します。

 

 

終わりに

 

最南端から最北端へ行くこの旅、有意義なものになりました。

 

鹿児島のローカル線に乗ったり、新幹線のグランクラスに乗ったり、いろんなことをしました。

 

良い経験を、次の旅へ。。。

 

では。