SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

旅好き大学生のSAKUYAが、ありのままの日々(日常、野球、旅行記)を主に綴ります。

7月19日巨人戦 レビュー

こんばんは!SAKUYAです!

 

昨日に引き続いて、巨人3連戦の3日目を振り返ってみようと思います。

 

1日目、2日目のレビュー記事はこちらから→→→

 

 

www.sakuyanomamani.com

 

 

 

3戦目 7月19日 3-5 負 山﨑

 

この日は日曜日で、バイトもなかったので、全部見ていました!

 

平良、相変わらずナイスピッチングでしたね!

 

低めへの制球がかなり良かったように感じました。

 

亀井選手に低めのカットボールを完璧にライトスタンド上段へと運ばれてしまいましたが、ほかはかなりよかったです!

 

6回109球2失点、クオリティースタートでした。

 

防御率セリーグ1位をキープ、開幕からずっとクオリティスタートですよねきっと。

 

今日亀井選手に打たれたホームランが、今季初被本塁打に。

 

でも粘って要所要所をしめたところ、気迫がありました。

 

だからこそ勝ちたかった・・・

 

 

打つ方はというと、梶谷に1本も出なかったのですが、ソトロペス佐野宮崎という恐怖のクリーンアップ。

 

4人で6安打。相手からしたら怖いですよね。

 

ソトのレフトポールをまいたあのホームラン。

 

3塁塁審は自信をもってホームランの判定が、リクエストで覆るというまさかの事態に。

 

その後、打ち直しホームランが出たのが本当にすごいなと思いました。

 

ロペスにもタイムリーが出て、復調してくれることを願います!

 

エスコバー、パットン、と助っ人中継ぎ陣が完璧に抑えていました。

 

エスコバーは158キロのまっすぐ、パットンはまっすぐのキレ・球威がすごかったです!

 

1点リードで守護神山﨑へとバトンが。

 

今季ハマスタ観客を入れての初のヤスアキジャンプ。

 

ジャンプまではできませんが、タオルを揺らして応援。

 

しかし、結果はなんと逆転されてしまうというまさかの展開に。

 

同点のリクエスト、見た方。

ベースをタッチしていたのですかね、あれは、と思ってしまいましたが。

 

そして、ソトのホームランにしろこのリクエストにしろ、ベイスターズには不利な判定となってしまいました。

 

審判の方に文句を言うわけではないのですが、

ホームランは三塁塁審があれだけ自信をもって本塁打宣言しての判定覆し。

球審の判定は、ベースに触ったようには見えなかったが判定そのまま。

 

うーーーーーーん。

 

責任審判が本塁の方だったので、そこの意見が、判定が、優先されてしまったのかなと思うような感じがしてしまいました。

 

でもこれも野球なので仕方ありません。

 

でも、気になったのは山﨑投入までの7・8回の攻撃の方。

 

前夜・前々夜に引き続き、強攻策が目立ったように感じます。

 

時には自分を犠牲にしてのバントや進塁打、そういったものが大事になってくるのではないのでしょうか。

 

 

今週からはヤクルトそして広島をホームに迎えての6連戦。

 

先週とは違う戦いっぷりを期待しています!

(とはいえ、これが出ているときにはもう2試合終わっているのか・・・)

 

今回はここまで、では!

f:id:SAKU_YA:20200720154143j:plain

三塁側からの撮影 昨年撮影