SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

旅好き大学生のSAKUYAが、ありのままの日々(日常、野球、旅行記)を主に綴ります。

7/1 巨人戦を勝手にレビュー

#応援しているチーム #横浜DeNAベイスターズ

f:id:SAKU_YA:20200702095937j:plain



 

 

こんばんは!SAKUYAです。

 

昨日のゲーム、とても素晴らしい勝利でした!

 

今回取り上げる 「PICK UP GAME 

 

7/1(水) vs.巨人 2回戦  5-3 横浜勝利  @東京D

    勝:パットン 負:澤村 セーブ:山﨑

 

ベイスターズの先発は櫻井、巨人はメルセデス

 

1回の表、3者凡退に終わるとその裏、今季初先発の櫻井が四球→盗塁→ワイルドピッチ→タイムリーで先制を許します。

 

その後は粘って何とか最少失点で抑えます。

 

2回の表は2本のヒットを打つも、得点にはつながらず。

 

櫻井、メルセデス、どちらもよいピッチングを続けていきます。

 

先に崩れたのは櫻井。4回につかまります。

 

ノーアウトからヒットで出塁を許すと、1アウト後、ヒット→ヒットで満塁に。

(とはいえぼてぼてのあたりではあったが、、、)

 

タイムリーを打たれ3-0に。

 

ここで投手交代。ルーキー伊勢がマウンドに。

 

きちんと火消しをして、ベンチに戻ります。

 

そして5回。先頭大和がソロホームラン!

 

これは見ていて驚きました。昨年0ホームランの大和が今季1号。

 

これを皮切りに徐々に打線に火が付き始めます。

 

また、4回途中で降板した櫻井の後を受けた中継ぎ投手陣が踏ん張ります。

 

巨人相手になかなか打ち崩せない中、投手陣が踏ん張っていると、7回には宮崎のラッキータイムリー。

 

その後8回にはこの日ここまで無安打だったオースティンの逆転3点タイムリー3塁打。

 

8回に勝ち越しに成功しました。

 

9回は山﨑康晃。危なげなピッチングではあったもののしっかり押さえてゲームセット。

 

ナイスゲームでした!

 

 

なんといっても中継ぎ陣が非常に良かったですね!

 

伊勢→平田→石田→パットン→山﨑

 

パットンは巨人の上位を4者連続三振、勝ち投手になりました。

 

これはみていて気持ちが良かったです!

 

抑えは山﨑、今季3セーブ目が付きました。

 

先発が踏ん張れないときの中継ぎ陣、頼りになります。

 

 

そして打線はオースティン、ナイスタイムリー。

 

1アウト満塁で2番ソトが三振、2アウト満塁で打席が回って来ました。

 

ソトが打てなくても、オースティン佐野宮崎ロペスと続いていくのだから勝負せざるを得ませんよね。

 

さすがでした。

 

公式のTwitterにあったのですが、この試合に途中出場した倉本が500試合出場達成。

 

全試合フルイニング出場していた時が懐かしく感じてしまいます。

 

頑張って欲しい!

 

今回はこんな感じで、試合のレビューをしてみました。

 

ではでは。また。