SAKUYAのままに

SAKUYA のままに

旅好き大学生のSAKUYAが、ありのままの日々(日常、野球、旅行記)を主に綴ります。

【岡山→東京 サンライズ瀬戸号 乗車記】・日本縦断第5話

こんばんは!SAKUYAです。

日本縦断旅行の旅行記・サンライズ瀬戸編を書いていきたいと思います。

 

以前の記事はここから。

 

www.sakuyanomamani.com

www.sakuyanomamani.com

www.sakuyanomamani.com

www.sakuyanomamani.com

www.sakuyanomamani.com

 

 

岡山で乗継、サンライズに

f:id:SAKU_YA:20200622144547j:plain

岡山駅入線時のサンライズ瀬戸号

 

 

岡山駅まではさくら572号(岡山でサンライズに接続するさくら号)で到着しました。

 

およそ30分の乗り継ぎ時間で、サンライズに乗り継ぎます。

 

サンライズは車内販売がないので、事前に飲み物食べ物を買っておく必要があります。(飲み物の自動販売機はあります)

 

私はサンライズ乗車が2回目でした。前回は高松→東京で乗車しました。

 

おそらく2年ぶりくらいの乗車で気分が高まっていました。笑

 

寝台特急に乗るときはみんな気分は高まりますよね?笑

 

f:id:SAKU_YA:20200622144644j:plain

上下に分かれている階段 今回は上の階

 

まあそれは置いといて、駅のコンビニで買い物をして、乗り込みます。

 

岡山駅で、高松からのサンライズ瀬戸号、出雲市からのサンライズ出雲号が連結して、出発します。

 

今回乗車するのはサンライズ瀬戸号、14号車のシングルに乗車します。

 

 

サンライズの編成は、7両で、4号車と11号車はA寝台という少しお高目な部屋になっています。

 

一方で、最も安く乗ることができるのは、5号車と12号車の「ノビノビ座席」です。

 

カーペットの上で雑魚寝をするという感じで、プライバシーの確保には若干の難がありますが、安く移動できるという点ではかなりのメリットだと感じます。

 

ノビノビ座席以外の席は個室となっていて、A寝台のほかに、2人用個室のサンライズツイン、シングルツイン、1人で利用するには、シングル、ソロという個室があります。

 

サンライズについて、後日詳しく記事にする予定です。

 

f:id:SAKU_YA:20200622144738j:plain

車内の様子

 

サンライズの乗車記に戻りますが、車内に入ると、木曜日ということもあってか、かなりすいていたように思います。

 

乗車したのは2階のシングル個室です。

 

前回乗車した時は1階だったので、2階との比較ができて面白かったです。

 

とにかく2階は揺れが少ないように感じました。

 

岡山を発車して、姫路までの間に検札が回ってきました。

 

姫路、三ノ宮、大阪と、数人の乗車があり、列車は北へ進んでいきます。

 

無人の京都駅を見ることができるのは、魅力的です。

ここは本当に感動します。日中あんなに賑わいがある駅が、無人駅となるギャップ、ぜひ見てほしいです。

 

京都までは晩酌しながら、起きて景色を見ていますが、ここでうとうとしました。

 

そのまま落ち、起きたら、小田原駅でした。(もうちょい早く起きたかった、、)

 

京都で寝て、起きたら小田原、夢がありますねこれには。(分かって欲しい、、笑)

 

小田原からは1時間ほどで終点の東京駅に到着します。

 

通勤通学時間の東海道線を寝台特急で走るさま、乗っている心地よさ。

 

東京駅について、ホームに降りたときの名残惜しさはたまりません。

 

上りサンライズは下りに比べると、チケットが取りやすい傾向にあります。

(私がサンライズのチケット買う際に、前にいたお兄さんが10時打ちしていたのですが、下りサンライズで撃沈しているのを見たことがあります。そのあと、2番目で私は上りサンライズを楽々確保することができました。そんな経験があります。)

 

サンライズで東京に来て、神奈川県の自宅に帰り、一旦別の用事を済ませ、次の日の夜にここから北上していきます。

 

次回ははやぶさ号の乗車記を書いていきますのでお楽しみに。

 

今回はこんなところで、では。

 

f:id:SAKU_YA:20200622144808j:plain

朝の東京駅 いい感じ

 

次回に続きます。

 

次回記事はこちらから→→→

 

www.sakuyanomamani.com